予防医学と住宅環境の面から「健康長寿な社会づくり」を目指します。

えひめ健康・省エネ住宅推進協議会

お問い合わせ

えひめ健康・省エネ住宅推進協議会は

国土交通省「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業 特定部門」を推進するため、医療や福祉関係者等との連携による推進体制のもと、既存住宅の改修工事、および改修工事前後の居住者の健康状況の変化等に関する調査への連携・協力などにより、高齢者等の健康維持・増進に資する住宅の普及に取り組んでいます。

最新のお知らせ

  • 国土交通省
  • 林野庁
  • 木を活かす建築推進協議会
  • 健康・省エネ住宅を推進する国民会議

組織概要

設立趣旨

「えひめ健康・省エネ住宅推進協議会」は愛媛県において、「健康長寿な社会づくり」を予防医学と住宅環境の面からアプローチし健康長寿に貢献するために設立しました。「健康を増進」し、「疫病リスクをより少なくなる」快適で安全な質の高い住宅を供給するとともに、医学・福祉機関や研究機関等との連携によって、高齢者等の健康にかかるデータの収集・分析等を行い、高齢者等の健康に資する住宅を供給する仕組みを構築し普及することにより、地域の健康と省エネの課題を解決し、医療介護費の抑制に貢献すること、並地場業者が出来る限り地域材を使用して地域の再生と活性化に貢献することを目的とします。

会員紹介

会社・団体名・氏名
住所
TEL
愛媛大学
副学長 曲田 清維
松山市道後樋又10-13
089-927-9000
愛媛大学大学院医学部 准教授
愛媛大学医学部附属病院 抗加齢・予防医療センター センター長
伊賀瀬 道也
東温市志津川
089-964-5111
医療法人誠志会 砥部病院
院長 中城 敏
伊予郡砥部町麻生40-1
089-957-5511
星の岡心臓・血管クリニック
院長 大谷 敬之
松山市東石井町1丁目5-5
089-956-5511
新日本建設株式会社
代表取締役 井上 秀明
松山市空港通3丁目9-3
089-971-0255
河窪建設株式会社
代表取締役 河窪 秀明
松山市北吉田町1038
089-971-2400
株式会社うずくぼ工房
代表取締役 山本 義一
松山市中野町甲292-1
089-963-3258
四国ホーム株式会社
代表取締役 鈴木 欽次郎
松山市中村2-8-18
089-933-8031
木野内化成産業株式会社
代表取締役 松 俊彦
松山市竹原町1丁目5-5
089-941-9242
善家工務店
代表取締役 善家 強
宇和郡鬼北町大字出目1984番地
0895-45-3623
株式会社 加地組
代表取締役 加地 新吾
四国中央市土居町蕪崎954-1
0896-74-2327

事業案内

協議会の活動

えひめ健康・省エネ住宅推進協議会の事業

  • 高断熱住宅の健康への貢献を立証する。
  • 啓蒙する。
  • 住宅供給者を造る。

資料

笑顔の健康長寿(概要版)

笑顔の健康長寿(概要版)

「笑顔の健康長寿」の全編版をご希望の方はえひめ健康・省エネ住宅推進協議会メンバー店または事務局までお問い合わせください。

SWHモデル事業

スマートウェルネス住宅等推進事業とは!

健康と高断熱住宅の住環境との関係を調べ、健康長寿に寄与する住宅を研究開発し、『健康寿命』を伸ばすための住宅や施設を推進する国土交通省が主管し厚生労働省が支援する事業です。

事業の全体像はどうなってるの?

1.調査事業

住まい手の方が、リフォーム前と、断熱リフォーム後に、どのような健康状態の変化が現れるのかのエビデンス調査のため、大学・医師・建築住宅関係者が協働して調査事業に取り組む。健康調査にご協力頂いた方の調査データ集計や照査結果の報告、管理、分析を行う分野。(一社)日本サスティナブル建築協会が担当。

2.普及・啓発事業

普及活動の一環として行われるシンポジウム(趣旨説明会)等への補助や支援を行う事業。

3.モデル事業

各県に地域協議会(運営拠点)を置き、事務局は採択を受けた会社が行なっている。調査事業に協力いただくことを条件として、そのリフォーム工事に、モデル事業として補助(上限100万円 補助対象工事費1/2まで、バリアフリー併用は上限120万円)をする。

補助事業の対象

補助金対象者は?

※(1)と(2)の条件を両方とも満たす方が対象

  • (1)省エネリフォームを行う方(本事業が指定する断熱材性能を満たす事)
    • サッシ(又はガラス)交換や二重サッシ取り付け、断熱工事等
  • (2)リフォーム前と後に冬季(11月から3月)各2週間の住環境と健康調査に協力していただける方
    • 住環境調査:室内の温度湿度測定:居間、寝室、脱衣所
    • 健康調査:血圧測定、身体活動量

対象住宅の性能は?

※(1)あるいは(2)の条件を含む以下の性能の住宅が対象

  • (1)省エネルギー対策等級3の性能でも、開口部(サッシ)ガラスが単板ガラスのもの
    あるいは、一定の気密性能がなされていないもの
  • (2)省エネルギー対策等級2以下の性能

補助率は?

※詳しくは、住宅改修事業者にご確認ください

省エネ改修工事にかかった費用(補助対象工事費)の2分の1(上限100万円/戸)の補助金

※バリアフリー工事もあわせて実施する場合は上限120万円/戸
※補助の対象となる改修工事の内容は申請時に審査され、決定されます。

参考資料「おすすめ断熱改修の一例」

おすすめ断熱改修の一例について、詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

えひめ健康・省エネ住宅推進協議会へのお問い合わせは、各会員までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームからも24時間受付中

お問い合わせフォームはこちらから

(ご返答は、平日 9時~18時の間で行います)

PAGE TOP